ブラックも簡単申し込みで借り入れ

ブラックの人も簡単な申し込みで借り入れできる消費者金融情報

消費者金融からキャッシングをしようとして、最近やたらと審査落ちになって、自分がブラックリスト入りしているかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか。

ブラックリスト入りしている人はご存知のようになかなか新規で審査通過することが難しく、審査申し込みをしても融資を断られてしまうことも多くあります。今までは普通に借り入れできていた人も、ブラックとなってしまえばその情報は個人情報とともに記録され、ブラックリスト入りした記録は他の消費者金融でもわかってしまいます。

もともと、消費者金融やクレジットカード作成をした際、その情報はデータとして記録され、他の消費者金融でも閲覧できる状態となっています。その情報を元に新規申込者が信頼できる人間かどうか判断し、審査結果を導き出します。審査通過して融資までしてもらえるかどうか、大きな判断材料となる情報です。この情報は過去にブラックリスト入りとなっていない人であっても個人情報と共に、その人がどのような融資を受けてきたのかなどの情報が残っています。クレジットやローン、キャッシングを利用した情報はほとんどの人がこの個人信用情報として記録されていて、金融業者は申し込み時にこの個人信用情報を調べて、今までその人がいくらどこの業者から融資を受けてきたのか、また、どのような返済をしてきているのかまで細かく情報として把握できます。

今までブラックリスト入りした記録が残っている人は、その記録が消えるまで、最短でも5年、最長で10年はかかると言われています。その年数のスタートはそれぞれブラックリスト入りした問題を解決したときからの年数なので、例えば長期延滞でブラックリスト入りしている人は、その延滞した借金をきちんと返済してから年数のカウントがスタートします。ブラックリスト入りしている人でも、延滞をそのまま無視していれば、それだけずっとブラックリスト入りした記録が残ったままです。きちんと問題解決しなければ延々と続き、同じようにこれから先もクレジットカードを作れず、キャッシングもなかなかできないという現状が続きます。ブラックリスト入りしている現状はなかなか厳しいものであり、様々な制約を受けることになります。将来、家族ができたりして住宅ローンを組もうとしたり、自動車購入の為にローンを組もうとしても、ブラックリスト入りしている記録が残されている人は審査落ちしてしまって融資を受けられません。

しかし、銀行やクレジットカード業者ではありませんが、ブラックの人でも融資をしてくれる柔軟対応の消費者金融が数多くあります。ヤミ金ではなく、きちんと貸金業として届出をしている業者です。中小規模の業者であれば、ブラックの人も激甘審査で借り入れできる事実があります。

消費者金融からブラックの人でも借り入れできることはできるのか?もう2度と借り入れすることができないのではないかと思いこんでしまっている方もいらっしゃいますが、ブラックの人へは融資をしないと決めているのはその業者が独自の判断でそのように決めているだけであり、決してブラックリスト入りしている人が絶対に借り入れできないわけではありません。そのような法律があるわけでもないので、ブラックリスト入りしていることは、消費者金融業者側にとっての目安となっているだけで、なにか法的にペナルティがあるわけではありません。そもそもブラックリストにのるという基準自体も法律によるものではないので、金融業者が独自の基準を決めたものです。

消費者金融はそれぞれ独自の審査基準があり、その審査を通らなければ融資は受けられません。その基準自体が業者によって違うので、初めにうけた消費者金融では融資を受けられずに審査で断られてしまったが、2番めに受けた業者は借り入れできたということも大いにあります。それほど審査基準にはバラツキがあります。消費者金融もどの項目を審査時に重要視するか、その方針も違うので業者ごとによって借り入れできるかできないかが変わってきます。ブラックになってしなった理由もその申し込み者の状態によって全く異なるのですが、ほとんどの業者はこのブラックリストにのったという状態をまとめて一括りとし、ブラックの人へは融資をしない方針の業者も多く、そういった業者の限りはいくら頑張ってもブラックリストの人は審査通過できません。ブラックリスト入りしている人は、ブラックリストの人へも融資をしてくれる方針の業者へ申し込みをしなければいけないのです。

中小規模の消費者金融であれば、ブラックの人や収入が少なめの人で大手業者では断られてしまうような人であっても、できる限り融資をしたいと考えてくれます。それは、そもそも中小の業者へくるお客さんのほとんどは大手で断られてしまった人たちであり、それらの方たちを無視してしまっていては、いっこうに好条件のお客さんがこず、貸し付けができません。貸し付けをしなければ、金融業の儲けとなる利息分も回収できないのです。その為、できる限り融資対象となる人を増やすためにも審査基準のハードルを低めに設定することによってその窓口を広げています。ブラックの人でも借り入れをするためにはこういった中小規模の消費者金融を利用すべきです。

中小規模だからといって、大手よりもサービスが悪いということもありません。中小だから審査が遅いとも言い切れず、金利に関しても中小だからといって大手の消費者金融と比にならないほど高いということもありません。中小の業者のほうも頑張っている業者もあり、安いところであれば金利が1ケタ台で借り入れできることもあります。


ブラックリストとは、実際にそのように返済の延滞などをした人の名簿があるわけではありません。過去にクレジットカードやショッピングローン、キャッシングなどを利用してから返済のときに3ヶ月以上の延滞をしてしまっていたり、自己破産や任意整理などの手続きによって借り入れた金額の返済が免除となった人が該当し、個人信用情報にその記録がされます。この記録が残っている状態の人のことを、ブラックリストにのった人と指して呼んでいます。キャッシングやクレジットカードを利用する事自体はなんら問題なく、現代では手軽に多くの人が利用している時代となっていますし、インターネット上から簡単に申し込みをすることもできるようになったりしています。その利用情報がこの個人信用情報として残っているのですが、そこにブラックリスト入りしている事実も一緒に記録されています。

きちんと返済をしていれば何も問題はないのですが、返済をきちんとせずに長期間延滞してしまっていたり、破産手続きをとられてしまえば業者側にとってはマイナスの被害となりますから、こういった事をできる限り避けられるように、申込みされて審査の段階でその情報がわかるよう個人信用情報が参考となるよう情報共有されています。これらの情報が情報登録機関へ情報提供され、管理されながら、必要なときには加盟している金融業者からはデータ照会され、その人が今までどのような借り入れを行っていて問題なく返済しているのかどうかなどを参考とします。ブラックリスト入りとなっているような金融事故が起きてしまっていると審査通過することが難しくなり、今までは問題なくクレジットカードを作っていたり、キャッシングを受けられていた人であってもなかなか審査通過できないという現実にぶつかります。今まで借金に頼った生活をしている人が、急に融資を受けられなくなってしまうとその分、収入の頼りだったものが急に無くなってしまうわけですから、生活がガラリと変わってしまい、露頭に迷ってしまう人も少なくありません。ブラックリスト入りすると様々な制約を受けることになってしまいますから、それまで想像していたブラックリストというものよりも実際はかなり厳しいこととなります。
そのブラックリスト入りしている記録も一生残っているわけではないので、一定期間が経過すれば記録が抹消されてまた通常通り借り入れすることも可能となります。しかし最低でも5年はかかると言われていますから、ブラックリスト入りしてしまえばその時点から長期は新たに融資を受けづらい状況が続きます。

審査を通過できるかどうかはその申込者個人の信用情報や現在の収入、職業などによってももちろん結果が変わってきます。しかし、審査基準の厳しい大手消費者金融であれば、ブラックの記録があるというだけで審査をもうそれ以上すすめないために早めの段階で融資を断られてしまうこともあります。

↑このページのトップヘ